BUMP OF CHICKEN WILLPOLIS2014
@宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
2014.6.15(日)


バンプさんのライブに行ってきました。
いやー、たのしかった。うん、とってもたのしかったよ。

昨年は参戦していないので(ベストに対して、正直、気持ちが向かなかったんだ)、2年ぶりとなる彼らのステージ。
なんか、前回もだったのだけどOPの音でどうにも泣きそうになってしまって、いやいやこれからはじまるんだから、とぐっとこらえながらスクリーンの映像をじっと見ていました。
バンドやら光る球体やらきらきらするものが増えててへえー、と思いながら前半はほぼそういうのに気をとられていた気がする。
あの島というステージは定番?になったのねー。

その島への移動の際、B2ブロック通路側にいたので手を伸ばしてみたら藤原氏の伸ばしてくれた手とふれることができました。
一瞬なんだけどそのふれた手がなんだかその後もずっと熱くて、
その熱を感じて、ああいまを生きてるねってこみ上げてくるものがあって、涙が出た。

そんな中で迎える後半からアンコールにかけての盛り上がりのすばらしさといったら!はー、たのしかった!
MCのあいかわらずのぐだぐださといとおしさといったら!はー、おもしろかった!
ましゅかわしぇんしぇ〜をやたら推してたね!

そうしてさいご、アンコールの、メーデーでぐわぐわと上昇していった熱が最高潮に高まっているなかはじまったDANNY。
イントロで一気に沸騰する空気と、一体感、こみ上げた熱が体内に留まることなくすべてぶわっと昇華されるかのようなあの感覚をまた味わうことができてしあわせでした。
まさに完全燃焼。笑顔でいっぱいのたのしい時間をありがとう。
唄い続けてくれてありがとう。


南方に住む友人も一緒に連れてった気持ちで存分にたのしんできました。
きっと魂、届いていたね。
いつか、長い付き合いになる彼女と、あの空間と彼らの音楽を一緒にたのしむ日を迎えられたらいいな。



またのちほどゆっくり書きにきたいです。
5月に行った直島一人旅もとんでもなくたのしかったんだから!


ガラスのブルース/BUMP OF CHICKEN
[PR]
# by mi-8823 | 2014-06-23 18:46 | おんがく

そういえば、2年前?3年前?に開けたピアスの穴はふさがりました。たぶん。
開けるとき皮膚科でやってもらってその後の経過もずうっと診てもらってたんだけど、穴がまったく安定しなくてぐじゅぐじゅしてる状態で。あまりの膿み具合にこりゃだめだねとお医者にも言われる始末。
もともと肌が弱いから向いてなかったんだなー。ざんねん。


今年やりたいことと小さな目標

●直島一人旅
やーっと行きます。行ってきます。たのしみたのしみ!


●バンプライブ
チケットは確保しているので。
新しいアルバムも聴いてます。サザンクロスとトーチがすごく好きです。
なんだろうな、なんていうかなー、わたしの個人の感覚でしかないんだけど、まわりまわって回帰してるかんじがしてぎゅうってなった。

あー、ひさしぶりにfiresignを聴きたい。
ガラスのブルースが聴きたい、飛び跳ねたーい。
彼らに、彼らの音に会いたい。
楽しみにしています。


●美術検定
これ、今後なにかに生かされるとかそういうんじゃなくて完全なる趣味の範囲の検定なんだけど。笑
勉強してチャレンジしてみよっかなって。
テキスト買ったし。がんばりまーす。


●恒例の5人旅
温泉がいいねー、と。むにゃむにゃ相談中~。


●姿勢改善
猫背に拍車がかかってまして、姿勢に気をつけるのとともに、さぼりまくっていたチャリ通復活と、毎日の運動をするようにします。
ここに宣言。


こちらは現在桜が満開。枝という枝がもっさもさしてるー。
桜は満開時が見応えあるけれど、いちばん好きな、いちばん美しいなあと思うのははらはらと花弁が風に舞って飛んでゆくさま。

あっという間に過ぎてしまうその隙間。とりこぼさずにふれられたらいいなあ。



トーチ/BUMP OF CHICKEN
[PR]
# by mi-8823 | 2014-04-24 21:01 | つれづれ

2013年あれこれ

もうすぐはじまる新年度。4月は泣き叫びの嵐だろうなあ。
一夜を境に新たなクラスがはじまり、新たな環境と生活リズムに慣れていかねばならないのはなかなかたいへんだけど、でもそんなこといってらんないからね、がんばっていきまっしょー。

恒例となりつつある一年振り返り。
2013年ver.を書き留めます。

●お仕事
年長クラスを終え、次いで持った年少クラス。
4-5月の大変さといったらなかったー。すさまじかったー。
けど、こうやって一年を通してみてすっっっごくおもしろい年齢でした。
ひとりでできることが増えてクラスの活動としておこなえる幅も広がって、やりとりがぐんぐんたのしくなっていく。この成長がすごくおもしろかった。
うーん、離れたくないなー。みんなかわいいほんとかわいい。

うちの園は毎年クラス替えがあるし、担任の持ち上がりはないのでこのメンバーでっていうのはほんとうに一年だけ。その年だけのクラス。

わたしの今年度のクラスが終わりを迎えようとしていてやっぱりさみしくなってしまって、みんなおんなじ園内にいるのになあとちょっと自分でも笑えてくるんだけどまあそれだけ充実した一年だったということで。
そうして一年を過ごしてきっとまた一年後にはおんなじようなことを思ってはいて、でもだからって前の子たちへの気持ちが褪せるわけではなくて、そういう風にやってくんだろうと思う。

31日が最終日、みんなだいすきよーってぎゅーしてくる。


●SAKANAQUARIUM2013@幕張メッセ
たのしかった~。サカナライブは音と演出の相乗効果で気持ちも温度もどんどん上昇していきます。
そういえば前回幕張での一郎人形登場時のどよめきざわめき盛り上がりっていったらなかったのだけど、今回はさすがにおんなじ演出はしないだろうなーどうするんだろうなーって思ってたらなんときれいな踊り子さんが登場!
スクリーンの水色をバックに映える映える。すてきだった。その期待の裏切らなさ、さすが。

一緒に行った友人がすっかり気に入ってくれていた。わーいよかった!



●美術館巡り
国立新美術館『貴婦人と一角獣展』、サントリー美術館『もののあはれ展』、森美術館『LOVE展』、デザインあ展をゆったり巡ってきました。
天気もすこぶるよくて、美術館から美術館までの道のりをぶらぶら歩いているのも気持ちよかった。


●舞台
青山劇場でスウィーニートッド、池袋サンシャイン劇場でキャラメルボックスのナミヤ雑貨店の奇蹟を観ました。
やっぱり舞台っておもしろいな。



●アラフェス’13
ちょっとびっくりなのだけど、まさかの復活当選(という事象が実際にあると知った)を果たしまして嵐さんの最後の国立に入ることができました。
きらっきらの空間にあふれたきらっきらの音と声と笑顔の時間。すごかったなー。
国立でのライブ映像をみてはまった身としては、最後の国立にて初のライブを体感できて感無量です。ほんとに。



●秋田県立美術館
レオナール・藤田をね、観てきました。秋田の行事のおっきいがメインだったけど、金屏風がすてきだった。
そして安藤さんの建築はやっぱりいいな。



●法事
おじいちゃんの四十九日と初盆で、GWとお盆にふくしまへ。
おじいちゃんもおばあちゃんも亡きいま、小さい頃から春夏冬と遊びに来ていたこの地に足を運ぶのも、この先はかたてで数えるほどになってしまうのではないだろうか、とどうしようもなくしんみりとした気持ちになった。

いまでもあざやかに浮かぶのにな、情景が。
まがった腰でさくさくと歩いてきて出迎えてくれるおばあちゃんと、別れのときには必ず「がんばりなさい」、と力強い握手をしてくれたおじいちゃんの。



んで、です。
んで、なんですよ。

ちょっと振り返ってびっくりしたんだけど、2013年まったく出かけてなかった。
もちろん地元や県内はうろちょろしていたけれど(とってもすてきなカフェを見つけたし、両親をおいしい郷土料理屋に連れてってあげたりできたけど)、県外にまったく出ていない!
あんまり出歩かなかったのは前年に出かけすぎた反動なのかなー。
まあいろいろ考えることがあったから気が内に向いていたのかもしれないな、とも思う。
そういう時間も大事。ね。

今年はもうちょっと動きそうです。
すでに決めてある予定もあるし!念願の!たのしみ!

[PR]
# by mi-8823 | 2014-03-29 00:32 | つれづれ

2012年まとめ

2013年も残すところあとわずかだというのに、ここで突然の2012年振り返り。
やー、ぜんぜん書いてなかったなと思って。

●初の年長担任
昨年度、4年勤めた乳児園からの異動を経て、ついに初の年長担任へ。
すっごく忙しくてたいへんだったし、こうしていればっていまだからおもうこともたくさんある。
でもそれもぜんぶ、経験できたから感じられることで。
経験できたことを今後につなげていきたいなあと思う。

あの子たちの園生活の最後をすこしでもたのしくできたら、と思いながら過ごした日々、
わたし自身が笑顔をたくさんもらった毎日になった。たのしいやりとりををありがとうー。

みんなの明日が輝かしいものとなりますように。


●バンプライブ&金沢散策
ライブについては唯一書いてる。笑
その後2日間、たっぷりと金沢散策を満喫~。
ひがし茶屋街に21世紀美術館、雑貨屋さんや古本屋さん、カフェ巡り。
その風景や雰囲気にもすっかり虜になってしまったのだけど、おみやげ含め、食べ物がとにかくおいしいことに感動…!
かなり好きな街になりました。また行きたい。


●短大同級会in上野
もともとのきっかけはFBでクラスメイトとわんさかつながったことです。
家庭を持ったり自分を取り巻く環境が大きく変化してる子もたくさんいるのだけど、実際に会うとひとりひとりの雰囲気だとかはなんら変わりなくて、なんだろう、あの時からほんとうに時間は流れてるのかな、実は止まってるんじゃないの、と妙な錯覚を覚えてしまいました。
…自分の環境がさほど変わってないってのも大きいのだろうなー。


●軽井沢ぶらり
同級会後、一緒に参加した長野の友人の新居へお邪魔することにしていたので最終の新幹線に乗り込んでひとっ飛び。
軽井沢をぶらぶらしながら絵本の森美術館、千住博美術館にも足を運んだり子どもちゃんを写真におさめてみたり。かわいかった。


●ブリヂストン美術館 『ドビュッシー、音楽と美術展』
同窓会にてとーきょーへ足を運ぶついでに時間を作ってひとつくらいは美術展を観よう、と。
常設でモネが置かれているから、それもみたくて!


●ハワイ旅
わたしはにとっては実に4年ぶりの海外なのだけど、一緒にいった3人はそうとういろいろ行ってるからなんかもうすべてお任せ~。
海に行ったり(わたしはがっつりと日焼け対策をしてビーチで読書w)、観光チックなことをしたり、お買い物したり。
なんかハワイが人気な理由がわかる気がしました。
人が多くても、どこか喧騒とはかけ離れていて、雰囲気も気候も陽気で、それでいてゆったりとした空気が流れてて。すっごい気持ちよかった。


●十和田市立美術館&青森県立美術館
もともと前から行きたいと思っていた美術館だったのだけど、ちょうどどちらでも奈良さん展が開催されているというのでこれははしごするしかない!と。
たしか2日前くらいに思い立ってふらりと北上。
青森にいる後輩にも会いたかったので連絡を取って電車に揺られてがたんごとん。

十和田市のほうの、『青い森のちいさなちいさなおうち』はなんと撮影可で、
ふおお奈良さんふとっぱらー!と心のなかで叫びながらカメラ小僧と化してきました。
浮遊少女の瞳がほんとうに美しくて、いまでも写真を見返すたびに、瞳をみて一瞬時が止まる。
外にある草間さんのかぼちゃとかめくるめく水玉ワールドな空間もぱしゃり。
周囲には何の変哲もないマンションやアパートが立ち並ぶなか広がる水玉な世界の違和感がはんぱなくってなんとも奇妙でそれがまたおもしろかった。

青森県立美術館ももうすてきな作品満載で、常設のほうもすばらしかったです。
特にシャガールのすうっごいおおきいやつ!!みれてよかったあああ。

奈良さんの作品でいちばん惹かれたのは、『真夜中の巡礼者』というオブジェ。
しんとする表情とちょっと前かがみな、あのフォルムやラインにはっと心をとらわれてしまい。
他に回ってはまた戻ってくるというのを3~4度繰り返すという不審極まりない鑑賞の仕方をここでも披露してきました。
(ワシントンナショナルギャラリー展におけるモネに次ぐ不審ぶり)

だってまた観たくなっちゃうんだもん。

奈良さん草間さんグッズもかわいくていっぱい買っちゃったよ。へへへ。
後輩と子どもちゃんにも会えて、意外なところで旦那さんと意気投合したりしてたのしい旅となりました。



●ちょっと暗い話になってしまうけど、書き留めておきたいので
12月に、叔父が亡くなりました。
同じ市内に住んでいる、父の唯一の兄弟で。
生まれたときからあたりまえに居てくれるひとのひとりだった。
従兄も年が近いからよく一緒に遊んでいたし、会うたびに笑わせてくれる、よく相手をしてくれる第二の父のような存在でほんとうに好きだった。
まだ還暦も迎えずに、いってしまいました。
兄より先にいくなんて、と父がしずかに嘆いていた。


年をまたぐけど、3月には母方の、ふくしまの祖父が。

小6のときに父方の祖父母を亡くし、短大のときに母方の祖母を亡くし、こういう別れは流れていく時間の中で必ずいつかくるものなのだと、だからこそ日々を大事にしていこうと思っては生きてきたけど、やっぱりいざその『いつか』がきてしまうと、かなしい。寂しい。とても寂しい。
いないってなんだろうな、会えないってなんだろうな、とどうにも実感が湧かなくて、あそびにいったらひょっこり出てきてくれるんじゃないかな、なんて思ってしまう。いまだに。





…さて、ここから2012年の大事件というかわたしに訪れた大きな変化。
なんと、6月に、嵐にはまりました。
嵐って、あの嵐。A・RA・SHIの嵐。伝説のスケルトン嵐。
五十嵐って苗字の子に手紙を書くたび『スーパーアイドル五十A・RA・SHIへ』とかふざけてかいてたあの嵐。

きっかけはゆーちゅーぶで年長で歌えそうな歌を探してたところたどり着いた『虹のカケラ』の国立でのライブ動画。
ああ、わるくないかもとりあえず候補にいれてみよーって楽譜ダウンロードして、曲を覚えるために何度も繰り返し聴いてて、そのうちに関連で出てくる他のライブ動画もみちゃって。
AAA08の国立ライブ映像とかみちゃって。
あれ、なんか、あれ、かっこいいなって。
思ってからはもう坂道を転げ落ちていくかのように、ですよ。
ネットですぐにいろいろみれちゃう時代だから気になってからの加速度もはんぱない。

でもまあ、一時の感情かもしれないし、お金かかるもの(雑誌とかCDとかDVDとか)には手を出さないようにして様子を見よう、と自分のなかで決めて。
動画みたり、レギュラー番組をみたり、気になったワード検索したり、知人からライブDVD借りたりしながら様子見(もはや様子見レベルではない)。
ちょうど24時間TVのパーソナリティーが決まっていたから、じゃあもしそれまで好きだったら、もうきっと一時の感情じゃないからいろいろ動き出そう手を出そう、って自分のなかで決めて。


で、まあ24時間のリーダーの言葉にもういっきにもってかれたわけです。


まあとにかくそんなこんなでわたしの日常にひとつ嵐が加わりました。
生ぬるく見守ってください。

[PR]
# by mi-8823 | 2013-11-28 15:04 | つれづれ

たーのしかった、金沢。
音楽も、散策も、写真も。存分に楽しんできました。


前回ツアーより4年ぶりとなった、バンプさんのライブ。
浮かびあがったシルエットと共に奏でられた三ツ星カルテット、そのあとの幕開けに舞った金色のかけらたちが、照明に当たってきらきらと降り注いできたなかで奏でられる宇宙飛行士〜の音と声に包まれた瞬間、涙が出てしまって自分でもびっくりしました。
4年って。
そんなに経ってないように思っていたけど、長かったんだなあ って。
わたし、やっぱり彼らの音が好きだったんだなあ って。

あの瞬間に実感しました。
(あとから冷静になって、ああいう演出をするようになったんだー、とちょっと意外性も感じたり。笑)

昔馴染みの曲や、変わらぬメンバーのやりとりに頬がゆるみ、
いろいろなつかしさを感じながら楽しい時間と空間を堪能してきました。

そしてなんかもう、あいかわらず演奏してるとかっこいいのに、喋りだすといちいちかわいいよね。
いやいや30代のおじさんかわいくないだろうって自分たちでもゆってたけど、なんでだろう。かわいいぞ。
そーゆースペックをお持ち?笑


楽しかったです。ありがとう。
まだまだこれから各地で、会えるのを心待ちにしているひとがいる。
身体に気をつけて、楽しんでください。
また、会いましょう。


車輪の唄/BUMP OF CHICKEN

セットリスト
[PR]
# by mi-8823 | 2012-05-08 11:37 | おんがく

2012年こんにちは

新年あけましておめでとうございます。
うっかりするとこんなに月日が流れちゃってる。

2011年。
いろいろあったけど、もちろん、たのしいこともありました。
いい刺激がたくさんあったな、と。


かなり大雑把な2011年総まとめ。

職場異動
異動により4月から職場が変わり、さまざまな刺激を受けながらの日々でした。
自分を大きく振り返るきっかけもあったので、その気持ちを忘れないようにしていきたいです。


ワシントン・ナショナル・ギャラリー展
すごくよかったです。見応えたっぷり。

特に、モネに心を奪われて絵の前からしばらく動けなかった。動いてもまたみたくなって戻ってくる、ていうのを4~5回繰り返すという不審極まりない動きをしていました。

日傘の女性の絵の前に立ったとき、目にしたとき、草原を駆ける風がぶわっと吹き抜けてきたように感じて。
涙が滲んでしかたなくて。
あの感覚をわたし一生忘れないと思う。

ああ、あとメアリー・カサットの青がよかった。
絵がますます好きになりました。
生きているうちにゴッホの『星降る夜』も生で観たいです。
(おととしのオルセー展…気づいていればなぁ)


ARABAKI ROCK FEST
いつもは春におこなわれるアラバキだけど、震災もあり、夏におこなわれるというので行ってきました。
(春はね、まだ寒いから足を運ぶ気になれなくてね…)
心おきなく楽しんできましたよ!


秋田乳頭温泉 鶴の湯
恒例メンバー5人でまったりゆったり。
次は群馬の四万温泉に行きたいなー。


京都音楽博覧会&宝探し
大好きな京都で、大好きな友人との5年ぶりの再会を果たすことができました。わーい。
一緒にくるりによる音博と宝探しと京都観光を満喫。
なかでも宝探しがちょうたのしかったです。あれまた参加したい!

たのしい時間をありがとう。
次の逢瀬場所はどこになるかしらー。ね。

3日間を一緒に過ごし、わたしは1日余分に滞在してひとりでぶらり。
鞍馬の山越えたのしかったなー。


銀河高原ホテル
銀河高原ビールを堪能。美味しかったです。
実は、ちょうど誕生日で。お祝いしてもらいました。ありがとー。


初・ピアス
いまさらながら、人生初のピアス。
両耳にひとつずつ開けちゃいました。
学生時代に開けそびれて、もういいやー、と思っていたのだけど。
心境の変化、というか。思い立ったが吉日。と、いうことで。


サカナクション@幕張メッセ
かなりの強行スケジュールで行ってきました。
もうね、一郎人形が登場したときのどよめきざわめき盛り上がりといったら!
はー、たのしかった!


カメラ
デジイチ(オリンパスペンライト)デビューしました。
実は京都旅の2日前に購入したっていう…。
まだまだ扱い慣れずにいるので、いろんなところに持っていってあげたい。




月や星といった天体好きは相変わらずです。
気づけば空や夜空を見上げ、その色や光に見とれているような。
逆に、空を見ていないときっていうのは心に余裕がないときだったりするので、
一種の心のバロメーターにもなってたりします。

皆既月食はまさかの雨で、見れずそれはもうせつない思いをしました。
今年の金環日食はどうなることでしょう。



そして、今年やりたいことは。

●バンプツアー
金沢を取って、ついでに21世紀美術館に行ったり金沢観光をしたいなあ、と目論見中。。。

●葛飾区郷土と天文の博物館
ここのプラネタリウムが大好きで!
ほんとうに、素敵なのです。
今年も少なくとも1度は足を運びたい。

●直島一人旅
うーん。
これはもしかしたら来年になっちゃうかもだけど、いずれにしよ、必ず行く!

●美術館巡り
とりあえず、前述の21世紀美術館。直島の地中美術館。
青森県立美術館→十和田市現代美術館にも行きたい。

●カメラ
どんどん持ち歩いてあげたいです。


他にもこまかなこと、ちょこちょこあります。

仕事の面でも、もしかしたらいちばん忙しくなるかもしれません。
元気に楽しくやっていけたらなあ、と思います。


今年もよろしくお願いします。
[PR]
# by mi-8823 | 2012-01-07 23:42 | つれづれ

春の夜空の土星探索

『葛飾区郷土と天文の博物館』にて、なんとオーロラが見れちゃいます。

c0002218_1950384.jpg


オーロラが観れるのは、4月16日までという期間限定。
今回の上京、ずばり期間内!
これは行くしかないでしょー!と、10日は朝からニヤニヤしてました。

観たのは、2番組。
どちらも1時間ほどの内容です。

『シンフォニーオブユニバース~天の川から銀河系へ~』
『オーロラ 宇宙からの贈り物』

もう1番組やっていたのだけど、時間が合わず断念しました。


綺麗な星星、天体、宇宙の映像はもちろんのこと、
BGMに流れる音楽も素敵で。
感覚ぜんぶ奪われっぱなしになっちゃいます。

そして、春なら春の、その日の星空や星の位置だとか、
今回なら、天の川についてとか、オーロラはなぜ発生するのか、とか。
自然な流れでいろんな事象をわかりやすく教えてくれるのが好き。
べんきょーになります。


今の時期の夜空には。
土星が見えるそうですよー。

北斗七星の柄の先っちょから下方右方向になだらかな曲線を描いていくと、
赤っぽい星(うしかい座の一等星アルクトゥルス)があり、
さらにそのまま曲線をつないでいくと おとめ座の一等星スピカがあるのですが、
そのスピカの上の方に見える黄色っぽい星。

それが土星なのだそうです。

その位置に土星が見えるのは、今年に限ってとのことです。

春の夜空に、土星を探してみてはいかがでしょう。
[PR]
# by mi-8823 | 2011-04-18 19:49 | すきすき

桃色春色桜色

2日間滞在したとーきょーは。
とってもあたたかくて、桜は満開!

c0002218_19454999.jpg


人が春に浮かれるのって、なんだかわかる気がしました。
だって世界の色がぜんぜんちがうもの。
春色の世界。

地元は桜はおろか、まだ梅も咲いていない上にさむい、という
まだ”春”というにはさみしい世界なので。
よりいっそう華やかに見えるのかもしれないねえ。

今回ちょうどいい時期に上京したことで、
今年は桜を二度楽しめちゃいます。わーい。

はーるよ、こい。

お呼ばれした高校時代の友人の結婚式は、
渋谷のTHE LEGIAN TOKYOという会場にておこなわれました。

出発直前の地震や停電で、切符取ってた電車は運休しちゃうし
参加できなくなるかも・・・!と心配もしたりしましたが、
無事移動の手段を確保し、参加することができてよかったー。

こういう時だからこそ、おめでたいことはめいっぱいにお祝いしたい。

とっても可愛い花嫁と、とっても濃ゆーーーい旦那さん(顔も、キャラも。笑)。
末永くおしあわせに!
[PR]
# by mi-8823 | 2011-04-15 19:26 | すきすき